PS2ゲーム「どろろ」のキャッチコピー

私が秀逸だな、と思ったキャッチコピーは、プレイステーション2のゲームの「どろろ」のキャッチコピーです。「どろろ」といえばまんがの天才・手塚治虫の作品で、本作はそれをゲーム化したものです。「どろろ」といっても主人公は、生まれた時に妖怪たちから身体の部位を奪われて、サイボーグのようになってしまった侍・百鬼丸なのです。このゲームもまんがの内容と同じく、百鬼丸が妖怪のボスを倒すごとに身体の部位が戻っていくという設定になっています。百鬼丸の目的は、全ての身体の部位を取り戻すことです。そんなゲーム「どろろ」のキャッチコピーが俺を、返せでした。私はこれほど一言で、ゲームの世界観を現した作品は、ちょっとないと思います。