3D格闘ゲームのキャッチコピー合戦

10年くらい前からゲーム業界は3Dやポリゴンを利用した格闘ゲームに賑わっています。特にテクモから出されていた、美麗な女性キャラがなめらかに動く格闘ゲーム「デッドオアアライブ」シリーズはキャラクター人気もあって大人気でした。その「デッドオアアライブ」に対抗するかのように登場したのがコナミから出た「ランブルローズ」シリーズです。ランブルローズもやはり女性キャラが美しく戦う内容がウリの3D格闘ゲームでした。この2つのゲームがお互いをライバル視していたのは、ゲームのキャッチコピーから知ることができます。「デッドオアアライブ4」のキャッチコピーは「世界でいちばん美しい」でした。すると「ランブルローズXX」のキャッチコピーは「美しいだけじゃ、相手にならない」と出してきたのです。