今では食のテーマパーク

ナジャタウンに子供と一緒に出かけました。ナジャタウンは、池袋のサンシャインシティの中にあるナムコが運営するテーマパークです。

1996年に誕生した当初はかなりの人気で行列ができていました。それが、しばらくすると閑古鳥が鳴くようになり、路線変更をしました。そこで生まれたのが、池袋餃子スタジアム、アイスクリームシティ、東京デザート共和国です。

今では食のテーマパークのようになっています。アトラクションを見たのですが、これがディズニーランドなどに比べるとしょぼい感じで、お金を払って乗る気にはなれませんでした。なにしろアトラクションが入ると、最新のナンジャタウンのクーポンを使っても大人が3900円、子供でも3300円もします。これなら入場料だけ払って、餃子やアイスクリーム、デザートだけ食べてかえろうという気になります。餃子はおいしかったです。