オヤジ受けするネーミングはもう古い

一時期商品のネーミングでオヤジ受けするように狙ったような商品がよく出ていたと思います。ダジャレを掛け合わせたり、どこかバブル時代のような派手目なセンスを狙ったり、英語を無理に繰り入れてみたり…正直、今から中心となる若手の購買層にはそういうネーミングでは売っていけないと思います。スタイリッシュさももちろんですが、その製品の特性を表したものが近年はよく売れていると思います。ただしそこに単純性はなく、隠喩になっていたり他の言葉と組み合わせたり…オヤジ受けする製品は特にビジネスの場でよく見かけますが、今後会社の購買の要所を握るのはオヤジギャグに拒否感がある世代になります。商品戦略上はビジネスの場でもオヤジからスタイリッシュさを求めていく方が今後は正解だと思います。